99.99%によせられる、厚い信頼。


トピックス

貴金属ニュース

  • RSS

2017年8月21日9:00【金】小反落

ニューヨーク商品取引所18日の金塊先物相場は前日(1286.40ドル)比0.70ドル安の1285.70ドルで取引を終了した。米国の政治不安やスペインでのテロ事件を背景に、安全資産としての買いが先行。一時は1300ドル台を回復し、約9カ月ぶりの高値を付けた。ただその後は、トランプ大統領が保守強硬派のバノン首席戦略官を解任したとの報道をきっかけに売りが膨らみ、マイナスサイドに転じて引けた。

2017年8月21日9:00【プラチナ】小幅続伸

ニューヨーク18日貴金属市場のプラチナ相場は前日(981.70ドル)比0.70ドル高の982.40ドルで取引を終了した。序盤は安全資産として金が買われたことを受けてプラチナもつれ高となったが、買い一巡後は利益確定の売りに押され、上げ幅を縮小した。

本日の地金相場

更新

 発表

(税込価格:円)

  小売価格
(前日比)
買取価格
金 (g)
()
プラチナ (g)
()
銀 (kg)
()

過去の相場情報はこちら

ページの先頭へ