よくあるご質問


よくあるご質問

貴金属地金に関してお客様からお問い合わせの多いご質問をQ&A形式でまとめています。

貴金属地金の相場は何を見ればわかりますか?

何を基準にお店を選べばよいのでしょうか?

(一社)日本金地金流通協会新規ウィンドウが開きます」の正会員およびその登録店と賛助会員(鉱山)でしたら安心してお求めいただけます。
当社は日本金地金流通協会の正会員であるとともに、ロンドン貴金属市場で公認溶解業者・公認品位検定業者に登録されています。お求めは信頼ある当社でぜひどうぞ。

指輪やネックレスなども売却できますか?

金やプラチナの宝飾品、金杯や記念メダルなどのご売却も承ります。
品位や重量を確認したうえで、買い取りの可否と価格を決めさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

お店に行かなくても郵送などで地金を売買できますか?

お買い求めいただくことはできます(詳しくはこちらをご覧ください)。
売却についてはトラブル防止のため、郵送による売却依頼は承っていません。お手数ですが本社または各営業所まで現品をお持ちください。

代理人が購入・売却の手続きを行うことはできますか?

ご依頼主様の「委任状」と、必要書類をお持ちいただければお手続きできます。委任状および必要書類についてはこちらをご覧ください。

売却益が出た場合、または売却損が出た場合、税金の取り扱いはどうなりますか?

給与所得者などが所有する貴金属地金をご売却された場合の利益は、原則、譲渡益となります。その年の貴金属地金の譲渡益とそれ以外に該当する譲渡益の合計額が50万円以下であれば、譲渡所得の特別控除が受けられ、税金はかかりません。譲渡益が特別控除枠を超えた場合でも、貴金属地金の保有期間が5年を超えていれば税金が1/2に軽減されます。税金に関する詳しい内容は、「国税庁 金地金を売ったときの税金新規ウィンドウが開きます」をご覧になるか、所轄の税務署または税理士にお尋ねください。

支払調書の対象となる商品は何ですか。

金地金、プラチナ地金および金貨、白金貨です。銀地金や貴金属製品などの売却は対象外となります。

支払調書にはどのような項目が記載され、いつ税務署に提出されますか。

お客様のお名前、ご住所、お買い取りした商品の種類および数量、支払金額、支払年月日が記載されます。 当社は、支払いの確定した日の属する月の翌月末までに所轄の税務署に提出する義務があります。

200万円以下の売却の場合でも、確定申告をする必要はありますか。

お客様に義務付けられている譲渡所得の確定申告は、当社の支払調書の提出義務とは異なります。1回の取引金額に関わらず、お客様が貴金属を売却して得た利益がその他の譲渡所得と合算して1年間で50万円を超える場合、確定申告をする必要があります(Q「売却益が出た場合」をご覧ください)。

ページの先頭へ